FXのさまざまな役立つツール『ashleymccue』

独自のツールで便利なものを完備しているFX業者を紹介しています。 - 独自の取引に役立つためツール

更新情報

アーカイブ

FX比較はFX攻略.com

独自の取引に役立つためツール

Monorail in Sydney's Darling HarbourFXの業者は、それぞれ独自の取引に役立つためツールを公開しているものです。公開されているツールは様々です。

例えばチャートのツールが充実している事もあります。もしくはそれぞれの会社ならではの、独自の情報などが公開されているケースなどもあります。

ところでセントラル短資FXから公開されているツールの一つは、チャートが充実しているタイプのものです。例えばでデイトレードなどでチャートを見ていると、今見ているチャートに似たパターンを過去に見たような覚えがあるというケースは多いものです。ちなみにそういう感覚を覚えた時は、確かに見ているということも多いのですが。

セントラル短資FXから公開されているそのチャートのツールでは、現在のチャートの形から今後のチャートの形を導き出すというタイプのものになります。例えば現在のチャートの形はこのようになっているので、将来のチャートの形はこのように変化をしていくだろうと実際に画面上のチャートに表示がなされます。ちなみにその将来のチャートの形は、過去のデータをもとに表示がなされるわけです。

そのような将来のチャートの形を生じさせるツールは、業者によって完備している形質を完備していないケースがあります。そしてセントラル短資FXの場合は完備しているもので、ツールが充実している会社と言えるのではないでしょうか。

さらにそのようなツールを完備している業者は少ないものですので、それもセントラル短資FXのツールの充実ぶりを物語っているといえます。

3つ特徴がある予測チャート

さてセントラル短資FXによると、その将来の形を予測するチャットには3つ特徴があるのだそうです。
まず1つ目の特徴は先ほども申しあげたとおり、今後のチャートの形が表示されるという点です。

もしチャートが右肩上がりになっているのでしたら、買いという予測が立つわけです。逆にチャートが右肩下がりでしたら、売ればよいのではないかという予測を出します。将来の価格は上がるのでもなく下がるなどもなさそうならば、目先は何とも言えないという事になります。

Mother and Son Reading Bible Togetheそして2つ目のポイントは、その使い方は難しくはないという点です。
本来、将来のチャートの形を予測するというのは色々と知識を伴うものです。したがって将来の形状を予想するのは非常に難しいというイメージを持たれる方も多いものです。セントラル短資FXのチャートでしたら、表示をさせるだけですので特に難しいことはありません。その操作は非常に簡単なのだそうです。

そして3つ目のポイントは、色を自由に変えられるという点です。
どうも1番初期の段階では青色になっているようなのです。そのチャートの色、赤や黒などといったカラーの中から選択可能なのだそうです。

ちなみにその将来のチャートの形は、拡大して表示をすることもできます。またそのチャート候補は全部で3つ出てくるのだそうです。もちろんその3つのチャートに対しても、拡大して表示をさせることは可能となります。

このようにセントラル短資FXでは非常に使いやすく見やすいツールを用いることによって、将来の予測を立てることが可能というわけです。

photo_001